キナコの近況

夏になると、どーしても皮膚が弱ってしまうキナコ。
ちょうど今、換毛しているので痒くてこすってしまうので、より弱ってしまう皮膚。
アンコが亡くなってから始まったこの皮膚の症状。
ストレス性のものなのか、アレルギー性のものなのか、原因はよくわからないそう。
ジェイが来たから、精神的に落ち着いておさまるかな?と期待してたのですが・・・。

ガウガウ
a0136058_9385954.jpg

お肉をもらう時にジェイとガウガウやると、牙が弱った皮膚に当たり・・・出血。
とても出血しやすくなってるようで、ちょっと腫れたようになっています。
見ていて、とっても痛々しいのですが、本狼はいたって普通。
ちょっと痒い~ぐらいにしか思ってない様子です。

時々血が流れてスプラッタなキナコですが
a0136058_9381212.jpg

本狼はいたって元気ですし、重い病気だというわけではなく、季節性のものですのでどうかご心配なく。
冬毛になったら復活しますから。

ただ、狼舎の前でこの状態を見て、具合悪い?病気?と心配する方も多くいらっしゃるよう。
・・・で、そんな人のためにちゃんとキナコの症状に関する説明看板も出ています。
皆に愛されてるキナコなのでした。

ちなみに、ジェイの犬歯・・・見えてる部分だけで3センチあるそうです。そりゃ当たったら出血するわ。

bymusca
[PR]
by flying-wolves | 2009-08-11 09:48 | オオカミ情報
<< 群馬のゼットンファミリー オオカミも泳ぐのだ! >>